Activities description

入札リサーチセンターとは

入札マーケットに参入する“きっかけ”を生み出す「入札リサーチセンター」

わたしたちは、全国8,000機関から収集する入札データを強みに
入札市場の変化の兆しや傾向を伝えることで、入札マーケット参入を後押しします。

  • 全国の官公庁
    入札マーケット

    年間約20兆円

  • 1年間に公表される
    入札案件数

    150万件以上

Mission

官公庁の入札マーケットは年々成長を続けており、国家予算の約1/5を占め、今後も成長が見込まれるマーケットです。
しかし、入札は難しいという印象があり、企業の入札マーケットへの参入割合は11%程と低く、まだまだ参入の余地を多く秘めています。

入札への参入企業が増えると、適度な競争環境が生み出され、貴重な国家予算を有効に活用することができます。
経済や社会への貢献、すなわち私たちの生活をより豊かにしていくことにつながります。

入札リサーチセンターは、「入札マーケットに参入する“きっかけ”を生み出す」ことを使命とし、入札マーケットの変化の兆しや傾向を伝えることで、企業の入札市場への参入を後押しします。

入札リサーチセンターの活動について

  • アイコン

    あつめる

    全国で公表される
    膨大な入札情報を集約

  • アイコン

    まとめる

    傾向や特徴が分かるように分析

  • アイコン

    つたえる

    企業が参入したくなるような
    入札マーケットの魅力を伝える

  • 活動01

    あつめる

    全国で公表される膨大な入札情報を集約

    入札の発注機関(国・省庁、地方公共団体、外郭団体)は、全国に8,000機関以上あります。各機関から公表される入札情報はいつ、どのような内容の案件が公表されるかはわかりません。そんな収集が難しい入札情報を、システムだけでなく、人のチカラも加えることで、精度の高いデータ情報を集めます。

    あつめる

  • 活動02

    まとめる

    傾向や特徴が分かるように分析

    年間で公表される入札案件情報は150万件以上あります。機関ごとに公表するフォーマットが異なるため、その違いを適切に把握して集約することは非常に困難です。私たちは、10年以上に及ぶ事業運営の知見と経験から、多様な入札情報の内容を分類・分析し、まとめます。

    まとめる

  • 活動03

    つたえる

    企業が参入したくなるような入札マーケットの魅力を伝える

    入札市場に参入経験を持つ企業数は約40万社(※)です。全企業数に対し、参入率は約11%。どの企業にも参入の可能性がある中で非常に少ないのが現状です。企業が参入したくなるような入札マーケットの魅力をお伝えします。(※うるる調べ)

    つたえる

入札調査データ

入札に関する各種調査レポートを公開しています。
業界別、エリア別、入札形式別など、様々な切り口で入札情報データ分析を行い、動向や傾向をマンスリーレポートで定期配信しています。入札トレンド・時事ネタなど、より詳細に分析した特集も随時配信していきます。

入札徹底ガイド

入札の基礎知識からノウハウまで幅広く解説します。
入札は難しいと思われがちですが、基礎や流れ・魅力をわかりやすく解説し、入札マーケット参入のきっかけとなる情報を発信します。 「入札とは?」の基本知識から、入札の種類・入札形式・電子入札など、入札初心者にもわかりやすく解説します。