入札情報を探す 入札調査・業務を依頼する

総合評価方式の技術点と価格点について

サムネイル
本記事は、弊社サービス「入札情報速報サービスNJSS」で連載していたブログ記事です。
2023年2月以降、本サイト「入札リサーチセンター」に移管し、掲載を継続いたします。

一般競争入札では最近、価格と価格以外のいくつかの要素を総合的に評価し、落札者を決める総合評価方式が増えてきています。

 

そこで、今回はその総合評価方式とは、どういったものなのか、というところをもう少し掘り下げてみようと思います。

加算方式による総合評価型入札

例えば、ある美術館施設の維持管理の入札案件では、加算方式(総合評価点=技術点+価格点)による総合評価型入札が行われました。

審査項目と配点は次の通りでした。

 

1.サービスの価格 85点

2.事業の安全性 5点

3.周辺環境への配慮 7点

4.業務内容 3点

 

この入札案件を落札したのは、入札額が2番目に低かった企業です。

「サービスの価格」以外の3項目で高得点を得た結果、価格での得点差を挽回したということです。

 

総合評価方式では技術点が重要

このように総合評価方式では、価格が1番低くなくても技術点次第で、十分落札が可能です。

すなわちサービスの価値の高いものであれば、たとえ価格が最も安くなくても購入しようというのが、総合評価方式による入札の考え方だと言えます。

 

 

 

豊富な案件情報から “自社にあった入札情報” を探してみましょう

NJSSは、全国の官公庁や自治体の
入札情報や落札情報を提供する
国内最大級の入札情報サービスです。

PCの画像
  • アイコン全国の入札情報を一括検索
  • アイコン最新の入札情報を毎朝メールでお届け
  • アイコン過去の落札額・落札会社から
    入札動向の分析が可能
  • アイコン雑多な案件のタスクを管理し、
    機会損失を防ぐ

Related

関連記事