入札情報を探す 入札調査・業務を依頼する

官公庁・地方自治体 入札市場レポート(2018年6月)

サムネイル
本記事は、弊社サービス「入札情報速報サービスNJSS」で連載していたブログ記事です。
2023年2月以降、本サイト「入札リサーチセンター」に移管し、掲載を継続いたします。

最新の入札マーケットレポートはこちら

 

 

「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。

 

公示案件数(2018年6月)

2018年6月の公示案件数の合計は97,937件(前月比 +8.13pt)

 

 

エリア別公示案件数(2018年6月)

最多は東京都の8,004件,最少は鳥取県で665件

 

NJSS検索キーワードランキング(2018年6月)

検索回数NO.1は「派遣」で、「刑務所」「病院」なども順位を上げた

 

 

入札のプロが語る。データから読む入札の動向

6月の特徴としては下期(10月~)に向けての案件が各業種から公示される傾向がある。代表的なものは「建物警備」や「清掃」といった業種である。また検索順位が上昇している「警備」は、この時期になると花火大会の警備等も公開される為、非常に需要が高い時期といえる。

 

その他下期からの契約切り替え案件のうち、現時点から公開される案件は見積額の大きい案件が公開されるケースが多い為、広く案件収集をし、取捨選択が重要になる。
上期は案件が少ないと言われている時期ではあるが、現時点から情報収集や入札準備をする事で、下期の案件の落札確率を上げることができる。足元の案件量に惑わされず情報収集を行う事が重要になる。

 

全国の入札案件から、自社に合った案件を探せる!

NJSSは、全国の官公庁や自治体の
入札情報や落札情報を提供する
国内最大級の入札情報サービスです。

PCの画像
  • アイコン全国の入札情報を一括検索
  • アイコン最新の入札情報を毎朝メールでお届け
  • アイコン過去の落札額・落札会社から
    入札動向の分析が可能
  • アイコン雑多な案件のタスクを管理し、
    機会損失を防ぐ

Related

関連記事