入札情報を探す 入札調査・業務を依頼する

2013年8月入札動向レポート

サムネイル
本記事は、弊社サービス「入札情報速報サービスNJSS」で連載していたブログ記事です。
2023年2月以降、本サイト「入札リサーチセンター」に移管し、掲載を継続いたします。

最新の入札マーケットレポートはこちら

 

 

入札市場の動向を分析した内容を各月の特徴を含めて掲載しています。

入札市場は毎月特徴が変わります。毎月同じやり方では結果を残す事が難しい市場です。

当連載記事から各月の特徴を把握し、入札市場への取り組みにぜひお役立てください。

 

入札動向レポート(2013年8月)

お盆休みによる競争率の低下

8月は時期的にお盆休みが入る時期になるので、入札に参加する企業が減少する一方、お盆休み前後に発注機関は案件をまとめて公示する傾向があります。案件によっては応札社がおらず、再公示する案件も有る為、競争率の低い案件に出会える機会は多くなる事が見込めます。

 

半期の切り替え案件等が多く公示される8月

8月は一般的には入札市場の閑散期と思われる事が多いです。しかし、半期の切り替え時期(10月運用開始)を控え、運用の組み立て、見積もりに時間を擁す大型の案件が公示され始める時期となります。

 

8月にやるべき事、ポイントは?

「お盆休み前後で案件が少ない」という固定概念を捨て積極的に入札に参加しましょう。7月、8月、9月に公示される2012年の公示実績は月間82,000件前後と公示数はほぼ横ばいです。(2013年7月は11万9千件。NJSSにおける情報収集機関を増加しておりますので、本年は同等の案件公示が見込まれます)民間企業はお休みが重なってしまう為、商談が止まりがちになりますが、入札市場は活発に動いておりますので、是非積極的に情報収集、応札に取り組んで下さい。

 

全国の入札案件から、自社に合った案件を探せる!

NJSSは、全国の官公庁や自治体の
入札情報や落札情報を提供する
国内最大級の入札情報サービスです。

PCの画像
  • アイコン全国の入札情報を一括検索
  • アイコン最新の入札情報を毎朝メールでお届け
  • アイコン過去の落札額・落札会社から
    入札動向の分析が可能
  • アイコン雑多な案件のタスクを管理し、
    機会損失を防ぐ

Related

関連記事