入札情報を探す 入札調査・戦略を相談する

落札

ラクサツ

入札基本知識

落札とは、公共工事や物品調達などの入札において、入札者の中で最も有利な条件を提示した業者が、契約を獲得することを指します。

 

入札プロセスの最終段階であり、発注者は提出された入札書を評価し、価格や技術力、納期などの条件を総合的に判断して、最も適した業者を選定します。

落札には以下のような手順が含まれます。

 

入札書の評価
発注者は、提出された入札書を基に価格や技術提案、企業の信頼性、過去の実績などを評価します。

 

入札開札
指定された日時に入札が開札され、提出された価格や条件が公表されます。電子入札の場合はシステム上で自動的に開札されます。

 

落札者の決定
最も有利な条件を提示した業者が落札者として決定されます。この際、価格だけでなく技術力や提案内容なども重要な判断基準となります。

 

落札通知
落札者に対して正式に落札通知が行われ、契約締結の手続きが開始されます。発注者と落札者は契約条件を確認し、正式な契約書を作成します。

 

 

落札は、公正かつ透明性のある競争を通じて最も適した業者を選ぶための重要なプロセスであり、公共事業の効率性と品質を確保するための重要な手段です。

落札者は、契約に基づいて発注者に対して工事や物品の提供を行い、契約内容を遵守する義務を負います。

入札用語を検索

入札の流れから用語を探す

STEP 1.入札を知る

STEP 4.仕様書取得・説明会参加