入札情報を探す 入札調査・業務を依頼する

指名競争入札

シメイキョウショウニュウサツ

入札の種類/入札形式

指名競争入札とは、発注者側が指名した者同士で競争に付して契約者を決める方式のことです。

 

資格審査、事業者への通知、入札書の提出、落札者の決定、契約、の流れで行われます。

 

資格審査の基準(指名基準)はさまざまです。発注機関となる官公庁ごと、あるいは入札案件の種類ごとに基準が異なり、場合によっては事前に指名競争入札への参加申請書などを提出させるケースもあります。

 

いずれにしても、入札に参加できるのは官公庁から指名された事業者だけで、それ以外の不特定多数の事業者が自ら参加を希望することはできません(指名を受けた事業者が参加を辞退することは可能です)。

 

指名競争入札のメリットは、参加可能な企業が限定されるため落札できる可能性が高くなることです。

一方で「誰でも参加できるわけではない」「事業者側から参加を希望できない」ことがデメリットです。

入札用語を検索

入札の流れから用語を探す

STEP 1.入札を知る

STEP 4.仕様書取得・説明会参加