入札情報を探す

意見招請

イケンショウセイ

入札の種類/入札形式

「意見招請」とは、入札や発注の前段階として、専門家や関係者から意見や提案を募集する手続きのことを指します。一般的には、業務の内容や施設の設計に関する案件で行われることが多く、調査や研究などの準備段階で行われることが多いです。

意見招請では、発注者が事前に策定した基本設計や計画書を基に、専門家や業者からアイデアや提案を募集し、より優れた提案を受けることで、発注者の要望に沿った最適な業務の実現を目指します。

また、意見招請は入札前に行われるため、入札段階での仕様の変更や不明な点が少なくなるため、入札のスムーズな進行や入札価格の低下にもつながるとされています。ただし、意見招請の結果を必ずしも入札や発注の決定に反映させる必要はなく、参考意見として受け止めることもできます。

入札用語を検索

入札の流れから用語を探す

STEP 1.入札を知る

STEP 4.仕様書取得・説明会参加